Google+

Minority Photographer

日々の中で撮影した写真や動画、タイムラプスを公開してます

昔はカセットテープにデータ保存するのが当たり前だった

パソコンのデータを保存したいとき、今は外付けハードディスク、USBメモリ、DVDやブルーレイディスク、クラウドと目的に応じた保存をすることができますよね。

少し昔はCD-R、MOディスク、フロッピーディスクがありました。私はこの時代を経験してますが、もっと昔はどうしてたのかなと思って調べてみると、カセットテープに保存するのが当たり前だったのですね。

↓こういうの。


私はカセットテープに音楽を録音して聴いてましたが、データ保存にも使えたとは…。テレビの前でラジカセを構えて音楽番組を録音してたのが懐かしい。そして入る母親の「ご飯よー」という声(´Д`)

今の若い人はカセットテープ自体分かるのかな…。
テープ保存してた時代の記事を読むと面白いですね。


保存はテープがあたりまえだった [企業のIT活用] All About

当時32Kバイトというちょっとしたプログラムの保存に15分録音のカセットテープが必要でした。そのためパソコンショップ店頭には、15分の生カセットテープがパックで売られゲームなどもこの15分テープの形で販売されていました。

マイコン雑誌には16進数でゲームプログラムのコードが載っていました。これを忍耐強くコンピュータにひたすら入力して遊びました。遊ぶ時間よりも入力時間の方が長いのが実態でした。

電源を落とすとせっかく入力したプログラムが消えてしまうので、これをカセットテープに保存します。コンピュータはデジタルですが、カセットテープはアナログです。そこで音に変換して保存します。

プログラムを読み込む時は反対にテープを再生すると「ぴーひょろひょろ」という音が流れてコンピュータにプログラムが入っていきます。FAXを電話で聞いている感じに近い音です。


他に探してみると今は本当に楽になってるんだなぁ…と思ったり。


第3回 昔はプログラムやデータをカセットテープに記録してたんだよ!|ぱんぷきんぱいの「パソコンって楽しいなぁ」
蘇れ!カセットテープ ~MSX実機派の貴方へ~|MSX研究所日記
昔のパソコンってデータ保存にカセットテープを使っていたっ... - Yahoo!知恵袋
テープ リード エラー


実際にテープに保存された音ってどんなのだろう、と思っていたらYoutubeにありましたw
11秒あたりから音が「ぴーひょろひょろ!」と大きくなりますので音量に注意です( °Д°)
なんだかISDNで接続してた音に似てますね〜。



【音量注意!】カセットテープによる音声プログラム例 - YouTube


んー、USBメモリもハードディスク並の容量になってるし、プログラムをほとんど知らなくてもこうして記事を書くこともできるし、本当に便利な時代になったもんだなぁ。


80年代マイコン大百科

80年代マイコン大百科